部活編

新入生必見!部活を決めるときに考えるべきこと

更新日:

 

学校に入学したらすぐに部活決めが始まります!

学校は学校生活において重要な位置を占めています。

しかし、慣れない学校生活の中でいきなり部活を決めるとなると、どうすればいいか迷ってしまう方も多いと思います。

しかもその決断が3年間を左右することになると思うと、そんな重大な選択、簡単には決められないですよね。

今回はそんな方々のために、部活の決め方のコツを紹介します!

Sponsored Link

見学〜仮入部期間

最初に部活に入るまでの流れを説明します。

まず最初の数日間は色々な部活を見て回ります。

たくさんの部活があり全部回るのは大変だと思いますが、出来るだけたくさんの部活を回ってみましょう!
意外なところで自分の興味のある部活がでてくるかもしれません。

見学の期間が終わったらいよいよ仮入部が始まります。
これはだいたい1~2週間ほど続きます。

この期間では実際に気になる部活の体験をしていきます。

運動部は素振りなどの基礎的なことをしたり、経験者は一緒に混ざって練習したりします。

吹奏楽部や美術部などの文化部は技術が必要になってくるので、見学する場合も多いそうです。

これらの過程を経て、部活を決めていくことになります。

Sponsored Link

決めるときに見ておくべきこと

部活を決めるにあたって自分のやりたい事を考慮するのはもちろん重要です。

しかし意外と調査をあなどってはいけないのは、「部活の雰囲気」です。

その部活をどれだけ本気で取り組みたいかは人それぞれです。

「本気で極めるためにシビアな雰囲気で頑張っていきたい」「ゆるい雰囲気の中みんなで楽しくやっていきたい」など、考え方は色々あることでしょう。

いざ入ってから、「思っていたのと違う・・・(泣)」とならないように、その部活がどういう空気で行われているか、よく確認しておきましょう!

また、どこを目指しているのかなども部活によって様々ですので、そこもミスマッチが起こらないように注意していきましょう!

迷ったら・・・

どうしても迷ってしまったら、先輩や顧問に話を聞いてみると決めやすくなるかもしれません!

実際にその部活にいる方達の意見は説得力がありますし、自分では注目していなかった情報も聞けることがあるのでおすすめです。

また、家族に相談するのもありです。あなたの親御さんはあなたのことをよく分かっているでしょうし、上に兄弟がいる場合は、兄弟に聞いてみるというのも良いと思い方法だと思います。身近な人だからこそ話せることもきっとあるでしょう^^

まとめ

今回は、部活の決めるときに考えた方が良いことやコツなどを紹介させていただきました。

今後の学校生活を左右する部活を決めることはとても重要ですよね。

仲良くなった先輩に勧誘されたり、友達に誘われたりして断りにくい時もあると思いますが、最後は自分の考えを最優先して決めていきましょう!過度に気を使う必要はありませんよ!

そして、学校生活を思い切り楽しんでいきましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-部活編

Copyright© chillax , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.