部活編

部活の大会で緊張する・・・そんな時の対処法を紹介します

更新日:

 

部活に所属していれば大会に参加する機会が多かれ少なかれやってくると思います。

大会って本当に緊張しますよね…

私も運動部に所属していた時、緊張していつも通りのプレーが出来なくて悔しい思いをしたことが多々あります。

文化部もコンクールなど、大会や発表会は多いと思います。

そこで今回は、大会で緊張するときに出来ることや考え方などを紹介したいと思います!

Sponsored Link

考え方

ほとんどの人は緊張した時、「緊張しないようにしなきゃ…おちつけおちつけ……」と自分に言い聞かせると思います。

でも、そう考えれば考えるほど、ますます不安な気持ちを意識してしまって緊張が増し、思うように体が動かなくなってしまったという経験はありませんか?

緊張するのは当たり前のことなので、無理に抑える必要はありません。

むしろ、全く緊張せず気が緩んだ状態よりも、緊張していた方が良いパフォーマンスができるそうです。

また大会では「緊張しないようにリラックスしよう」というように精神面を考えるよりも、「どうやったら上手くいくか?」というようにパフォーマンスの方に意識を向けましょう!

そして何よりもプラスのイメージをすることが大切です!失敗した時のイメージをすると本当にそうなってしまう確率も上がってしまうので、成功した時のイメージが出来るようにイメトレをしていきましょう^^

Sponsored Link

勇気が出る言葉

「どうしても緊張がとけないどうしよう!」となった時は下の言葉を思い出してください!

びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。
確実にこなせないといけないプレーを、確実にこなせるチームは強いと思います。
                         イチロー(プロ野球選手)

この言葉は、集団で協力し合う部活に入っている方に響くのではないでしょうか。

良いプレーをしなくては、、と思い詰めるよりも、簡単なところを確実にとこなしていこうと考える方が少し気が軽くなると思います!

人生における大きな喜びは、「君にはできない」と世間が言うことをやってのけることである。
                      ウォルター・バジョット(経済学者)

もし自分がアウェーな立場にいる時でも、こう考えるとなんだか燃えてきますね!

 

おまけに、大会前に聴くおすすめの曲を紹介したいと思います!
私が一押しの曲は・・・

ONE OK ROCK『完全感覚Dreamer』『努努(ゆめゆめ)』です!

とても元気が出るとともに、「やってやるぞ!」という気持ちになれると思うのでぜひ聴いてみてください^^

まとめ

今回は大会で緊張したときの対処法を紹介してきました。

やはりそういった時の考え方は非常に大切になってきます。

考え方1つで気持ちの持ちようが全く変わってきますからね!

また、今回紹介した言葉や音楽などもぜひ参考にしてみてください^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-部活編

Copyright© chillax , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.